HスペックカントクのRCを中心にした日記です。日々、ネタさえあれば記していきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P1020176.jpg

引き続きタミヤボディのお話。今回用意したボディはNSXとSCだが、どのような差があるのか、今日はふたつを載せ換えて試してみた。30ターンにバラセルバッテリーと実際のレースよりもかなりスピードの出る状態での比較となる。タイヤはタミヤのTYPE-Aだ。
まず、SCだがアタマの入りはなかなかいい。ただし、ややお尻の軽い動きをする。一番ダウンフォースの強いウイングを付けてみるが、傾向としては変わらない。速いスピードから小さいターンをする際にリヤがややナーバスな感じなのだ。
次にNSX。以前からの印象通り、前後バランスが抜群にいい。SCよりも少し弱めのウイングでもリヤのグリップ感は高い。まず、間違いのないボディと断言できる。

今回の条件ではNSXの方が好印象だった。ただし、その差はわずかなものでクルマのセッティングや好みといったもので変わるレベルの話だと思う。さらに実際の条件に近づけてテストできれば、また比較してみたい。

テーマ:ラジコン - ジャンル:趣味・実用




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Hスペック通信blog, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。