HスペックカントクのRCを中心にした日記です。日々、ネタさえあれば記していきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再びTB04の話題。

ボディをガライヤに換えてみた。やや重量的に重いが、走らせたところ、グッドバランスで抜群に走りやすい。R8とベストラップ的には変わらないが、アベレージがグンと向上したので採用決定。
TA05ver2の頃に使っていたが、どっしりし過ぎる傾向にあった。ところがこの04にはピタッときた。

走りやすくなったところで、現在のコースレイアウトやコンディションに合わせて、TB04に手を加えた。
まず重量的にスーパーGTではハンデを背負うので、思い切ってバッテリー下に敷いていた金の延べ板を外した。当然左右の曲がり方に違いが出てしまい、やや気を使うコーナーが出てきた。それでも、軽快感が出てタイムアップしたので、このままいってみることにする。
201402tb04b.jpg
アンプのファンも外してしまった。


フロントのハブキャリアを標準の6度から4度に変更。回頭性がグンと良くなり、またもタイムアップ。これができるのも安定感のあるボディのおかげかな。
201402tb04.jpg
そしてついに禁断の二重関節、ダブルカルダン装着。バスタブシャーシ、しかもフロントギヤデフ車に初めて使う。
走り始めた瞬間に違いは分かった。それまでよりもコーナーリングがスムーズになり、失速感が減少。体感的にその差は歴然だ。以前417(スプール)につけた時に体感したものよりもはっきりと分かったので、実はバスタブの方がフルタイム四駆なら必要だったりして・・・ XVにもつけたくなってきた。

テーマ:ラジコン - ジャンル:趣味・実用




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Hスペック通信blog, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。