HスペックカントクのRCを中心にした日記です。日々、ネタさえあれば記していきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さてシェイクダウン。
20131004r8.jpg
20131004r82.jpg

使用したボディはタミヤのアウディR8、レーシングウイング装備だ。
走行し始めてすぐ、素直な特性を感じる事ができた。意外にシャフトらしいダイレクト感は薄い。とはいっても立ちの良さなどはもちろん感じられるレベルだ。
そしてなんとフルノーマル状態の1パックめでいきなり、06で記録していた自己ベストを更新。

スーパーGT仕様としてはイエロースプリングが柔すぎるため、テックホワイトに交換。
すると2パックめ、さらにコンマ1秒刻み、速さを見せつける結果に。
平日の夜で、それほど路面が良かったわけではない事を思えば、驚きだ。

シェイクダウンで感じた点
・ダイレクト感は想像ほどではなかった。シャフト車らしさは薄い。
・上記のような感じだが、やはり立ちは良い。
・切り返しの速さは気持ちいい。
・スロットルオフでのコーナーリングはやや失速感が気になる。
・グリップ感が非常に高い。ただし、ドッシリし過ぎの感も。軽量化が必要?

この次は・・・
・ノーマルの鉄ビスはやめて、チタンビス投入で少しでも軽量化しようかな?
・脚回りの剛性アップでさらに軽快感が欲しい。カーボン混入のCハブはまだ先だが。

テーマ:ラジコン - ジャンル:趣味・実用




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Hスペック通信blog, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。