HスペックカントクのRCを中心にした日記です。日々、ネタさえあれば記していきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P1020109.jpg

ネクスターで行われた「サーキット破り」に備えて新調したのが、モーターのクーリングファン。ネクスター店長一押しのこのファンはヨコモ製のファンで強力なクーリングだ。これ以前に付けていたファンはやや風量が小さく、モーターに負担をかけてしまう私には役不足だったかな。
主流のエンドベル冷却ではなく、カン側で吸い出す仕様にした。理由は単純に、使っていたヒートシンクにうまく取り付けられなかったからだ・・・。まあ、タイヤを冷やしてしまう危険を避けたかったのもあるけどね。
アンプの850の設定をややパワーを出す方向に変更し、そのかわりスロットルワークに気を使うように心がけた。高熱になると電気抵抗が増えパワーが出にくくなる。すると、ますます握ってしまうという悪循環に陥るのだ。理屈でいくら分かっていても実践するのは非常に難しい。
さて「サーキット破り」だが、朝の練習走行では前日の原因不明の不調がすっかり消え、快調に走れた。気分を良くしてレースに臨むことができたよ。はっきりとは特定できてないが、変えたと言えばバルクまわりのビスをブルーのアルミビスからチタンビスにしたくらい。ビスのアタマが曲がってるようになってるのが多かったからねえ。ここにアルミビスを使うのは考えた方がいいかも。

予選は23ターン1組目、同じ組に足立伸之介選手がいる。気合い一発のスタートでオープニングラップはなんとトップ!その後2〜3周はトップだったが、やはりそこからが違った。少しタイムを落としていく私に比べ、ほぼアベレージタイムを並べていく走りでジワジワと離されていく。最終的には6秒程差をつけられてゴール。別ヒートでミソ加藤選手が当然のように好タイムで、予選1回目総合3番手となった。

テーマ:ラジコン - ジャンル:趣味・実用




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Hスペック通信blog, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。