HスペックカントクのRCを中心にした日記です。日々、ネタさえあれば記していきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日の第4月例レースのF1クラスでは久しぶりにワイドトレッドのマシンを走らせた。
201302trance1.jpg
F1RCGPのスポンジタイヤ仕様でしか使ってこなかったトランスフォーミュラ(Tバー仕様)だ。コイツを直前の練習でゴムタイヤ仕様に変えていった。


201302trance2.jpg
まずアップライトはトレールタイプからインラインタイプに変更。F1RCGPのスポンジからネクスターのゴムタイヤにすると、圧倒的にアンダー方向になるためだ。スプリングも柔らかいタミヤソフト。


201302trance3.jpg
このマシンにもジャイロを搭載してみた。アンダーにはなるものの、断然操縦が楽になる。ただし、ゲインはごく最低限で使用する。リヤグリップが元々高いトランスフォーミュラではなおさらだ。


201302trance4.jpg
リヤは硬めのセッティングだ。ピッチングダンパーのスプリングはタミヤブルーに相当するハード。フリクションプレートにはハードグリスを薄めに塗った。
リヤ車軸はスポンジでは1ミリ下を使っていたのを2ミリ上へ。さらにリヤウイングは一番下に取り付けた。

レースではややパワー不足に苦しんだものの、マシンの動き自体は良好で他車よりも小さな旋回ができていたように思える。
上位4台中3台がトランスフォーミュラと、冷え込んでグリップが苦しくなるほどこのマシンは威力を発揮したんじゃないかな。

テーマ:ラジコン - ジャンル:趣味・実用




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Hスペック通信blog, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。