HスペックカントクのRCを中心にした日記です。日々、ネタさえあれば記していきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年最初のストリートボディはバンブルビー仕様のカマロ。
最新作の映画ではリヤウイングやフロントリップなども追加されているが、これは1作目のコンセプトモデルがベース。
ライトパーツも付いて、かなり重量級のボディだ。しかもワイドも広い。
20130105camaro1_down.jpg

ホイールは26ミリ、3ミリオフセット。ホイールハブはワイドを合わせるため6ミリで、リヤはさらに1ミリのスペーサーを入れてある。ここはやはり見た目重視だ。譲れない!
20130105camaro2_down.jpg

あとはアウディR8時のままのセッティングで走らせてみると・・・
曲がらない!!!しかもマッタリ&ドッシリ
先日トップ争いをしたはずのマシンがここまで激変するのか?さあ、大変。

重いはずなのに、ロールが感じられず、横に逃げていく。
ダンパーを立てたり、リヤサスアームを少し後ろにやったり、アッカーマンに手を入れてみたりするが、焼け石に水状態で、ほとんど変化しない。これは手強い・・・

方向性を探るため、思い切ってスプリングをタミヤホワイト(スーパーハード)、車高を5.5ミリくらいに上げ、プログレッシブ効果を期待してダンパーオイル量を増やした状態にしてみる。
キタ~!
コーナーリングスピード、立ち上がり加速も良くなり、ラップタイムが一気にコンマ3秒も速くなった。

1D4_6598.jpg
今日のベストショット!より転載
これはカッコいい!!キムライコネンありがと!


これまで経験したハッチ系などアタマの重いクルマでおこなったロールを抑え込むためではなく、タイヤの面圧を上げるためのハード方向のセッティング。タイヤグリップが上がって、かえってロールは増えてくれた。ただし、若干硬過ぎのようだったので、ダンパーを寝かせてバランスをとった。
なんとか戦えるレベルになったんじゃないかな?

テーマ:ラジコン - ジャンル:趣味・実用




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Hスペック通信blog, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。