HスペックカントクのRCを中心にした日記です。日々、ネタさえあれば記していきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06のカーボン混入シャーシが発売された。さっそく投入してみた。
その前に重量チェック。
IMG_0808x.jpg
ノーマルシャーシ98g。


IMG_0807x.jpg
カーボン混入シャーシ102g?
ありゃあ~、軽いわけじゃないんだあ。
ノーマルは若干加工してあったけど、1、2g軽い程度だろう。だとするとやはり軽くなるわけではなさそうだ。
触った感じもそれほどガチガチというわけではなく、こんなもん?って感じ。

じゃあ走りはどうなんだ?

激変というのは言い過ぎかもしれないが、かなり変わった。
カッチリ感が出たのは割とはっきり感じ取れる。しかもクルマが軽く感じる。
このとき同時に試走したオノヤンも同じように感じたようなので、これは間違いないだろう。
と、ここまでは良かった。
しばらく走ってグリップが上がってくると巻きの症状が出始めた。
相対的にフロントタイヤの面圧が上がるのか(?)、大幅なセッティング変更を強いられた。すぐ、巻きの症状は解消したが、セッティング的にはやや尖ってくる印象を受けた。

もともとセッティング変更に対して敏感に反応するシャーシだけに、その性格が強まると思った方がいい。
つまりキチンとセッティングすれば、確実に反映してくれるが、セッティングをはずすとそれが如実に表れるわけだ。

剛性アップしているのは確かなので、もう少しセッティングの方向性を模索してみるとしようかな!

テーマ:ラジコン - ジャンル:趣味・実用




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Hスペック通信blog, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。