HスペックカントクのRCを中心にした日記です。日々、ネタさえあれば記していきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TA06次なるレースはGT30。ボディはARTAカラーのHSV。
ホイールはタミヤの限定新製品、黒のメッシュにリム部が赤のメッキがしてあるタイプ。
CIMG3154x.jpg
IMG_0781x.jpg
ウイングは高さにこだわった。タミヤ製ウイングは高すぎてどうもカッコ悪い。そこでステーのみ流用して、ツーリング用ウイングを付けてみた。ステーは指定の位置よりもわずかに後ろよりにした。

CIMG3151x.jpg
隣に並ぶウィダーと比べてもらうと、ウイングの低さが分かると思う。



前回使用したガライヤ(これもARTA!)と比べると明らかにアタマの入るボディだ。しかも動きはややシャープに感じた。好みはあるだろうけど、なかなかいい感触のHSV。

レースはポール獲得にもかかわらず、転倒により順位を落とし、またもパッとしないレースだった。

後日ネクスターにやってきたTRF前住氏と話していて、アンプがプロポのハイレスには対応してないので、誤作動の恐れありと言われた。搭載当初、問題なく動いていたので気にしていなかったが、そういえば・・・・
・スイッチを入れてから反応するまでに時間がかかる。
・予選で一瞬スタートできなかったじゃん・・・

などなど、よーく思い起こせば、おかしな事が多々あったような。
ピットで私がアンプが何か変だと言ってるのを聞いた人もいると思うけど、原因はこれだったかも・・・

テーマ:ラジコン - ジャンル:趣味・実用




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Hスペック通信blog, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。