HスペックカントクのRCを中心にした日記です。日々、ネタさえあれば記していきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真がなかったので撮ってきた。

P1050189x.jpg
まずはスケールクラスで使用したF103.5
今回はフロントウイングがZENの3Dウイング。ほどよいダウンフォースでいい感じ。八木山で使用していたテックのポリカウイングはフロントが入り過ぎるので今回はやめた。
104タイヤだと、翼端板付近が当たるので少しカット。



P1050188x.jpg
さらにドライバーにはO町さんより佐藤琢磨をレンタル。やっぱ実際にそのクルマに乗っていたドライバーじゃなきゃね。



P1050190x.jpg
フュージョンのソフトTバーはこんな感じ。私が知る限りもっともハイグリップなTバー。ただ状況によっては腰砕け感が出るので注意。実際私のマシンも本当はかなりきわどい動きだった。もうワンランク硬いくらいが良かったかな。このマシンはあり合わせがコンセプトなので・・・



次はF-1クラスのトランスフォーミュラ。

P1050191x.jpg
藁にもすがる気持ちでスーパーショッキー搭載。とにかくモアパワー!
決勝レースのグリッドに着く時にピニオン脱落させたのに気付いた人もいるかな。実は決勝ではピニオンを1枚小さくするつもりだった。はずしかけて、新たに着けようとしたピニオンが傷だらけなのに気付いた。買い直そうと思っていたら他の用事でそのまま忘れてしまったという訳だ。
後半モーターが熱ダレすることは分かっていたので、そうしようと思っていたのに・・・



P1050192x.jpg
サーボホーンはアルミのタイプ。樹脂製は摩耗により、すぐセンタリングが決まりにくくなるので、思い切って替えてみた。これはイイ!

テーマ:ラジコン - ジャンル:趣味・実用




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Hスペック通信blog, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。