HスペックカントクのRCを中心にした日記です。日々、ネタさえあれば記していきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

103シャーシに104の足回りを移植した、自称F103.75での初レースはいかに。
事前の練習で感触の良かった3Sを履いてレーススタート。

予選1回目、新品タイヤをいきなり投入してみたところ、全然喰わない!スタート直後にいきなり巻くという絶体絶命の状態になった。ベストラップ式の予選なのでそのうち喰いだすと信じてガマン、ガマン。
まだか、まだかとグリップし始めるのを待っていたのに、期待したほどグリップが上がらず、このヒート撃沈!

予選2回目、スタート前に軽くタイヤをサンディングして準備万端。ところがレース中他車との接触でフロントウイングを壊してしまい、このヒートリタイヤ。リタイヤ直前に出していたタイムでかろうじて4番手で予選終了。

決勝は気温が下がったのか、履いたタイヤが苦しくなり始めていた。予選2回目の感触が良かったので、もっといける気がしていたものの、ポジションキープが精一杯~。

CIMG2874x.jpg

他のクラスでは感じ取れないほどの路面変化がF-1ではもろに現れる。シビアだね~

フロントスプリング:タミヤソフト
ピッチングスプリング:テックソフト
Tバー:タミヤノーマル
フリクションプレート:タミヤデフグリスのうす塗り
タイヤ:F3S、R3S

テーマ:ラジコン - ジャンル:趣味・実用




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Hスペック通信blog, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。