HスペックカントクのRCを中心にした日記です。日々、ネタさえあれば記していきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよレース日。

P1040836x.jpg
サーキットは市街地から少し離れたジョーダン・バレー・パークという公営の公園の中にある。


P1040837x.jpg
たいへん大きく、きれいなサーキット。これなら思いっきり走れそう!

そして圧巻は・・・
P1040851x.jpg
この操縦台!
日本にはこんなの絶対ない!そしていかにも香港らしいのは後ろに見える超高層住宅。


P1040845x.jpg
こんな感じで操縦する。

そしてピットはここ
P1040848x.jpg
テーブルには「JAPAN TEAM」と貼り紙がしてあって確保されていた。ありがたや~
一人分のスペースもゆったり。


さて準備を始めていきなりのハプニング。ネクテンが安定化電源をつないで、いきなり「バスッ!」という音と共に白煙が~
電圧自動切り替えのタイプと間違って持ってきたらしく、あえなくオシャカに。
ミソ加藤が予備を持ってきてて良かったよねえ。

そして前にも記したが、私のバッテリーが1本しかないのに気付いたのもこの時。
※ホテルで金庫に貴重品をしまった時にまぎれこんでいて、帰る日に中身を取り出して発見。なんとも情けない・・・

フリー走行が始まり、我々のトランスフォーミュラはいきなり安定感を見せた。朝一番の路面はやはりグリップが良くないようで苦労している人達もいたようだったけど、我々はその辺りは問題なかった。
一見簡単そうに見えたコースレイアウトの方が問題だった。ストレートエンドの高速コーナーが複合になっていて、どこを走っていいものか分からない。それ以外にもラインに迷うコーナーがあって私自身の適応が遅かった。

そしてさらに私がぶち当たった問題がスピードのなさ。実は出発直前のネクスターでの練習でもそれが現れていたのに、その時は軽く見ていた。
アンプのセッティングを少し試したりしながらも、結局はこの日の夜にバッテリーを買う事になってしまったのだった。



















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Hスペック通信blog, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。