HスペックカントクのRCを中心にした日記です。日々、ネタさえあれば記していきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クルマを上から押すと
IMG_0393(変換後)
当然サスは沈む。

離すと
IMG_0391(変換後)
戻る。



今度はタイヤを押さえつつ、クルマを持ち上げる(リバウンド)。
IMG_0392(変換後)

離すと
IMG_0391(変換後)
戻る。


このどちらの動作でも同じ高さにスッと戻るのが理想なんだよね。
完璧に同じとまでは言わないけど、ほぼ同じくらいになるようにはしておきたい。
戻った後の車高が大きく違ってしまう場合は、サスまわりのメンテかな?

ビギナーに多いのはサスアームそのものの動きが渋いこと。
これはダンパーやタイヤをはずしてチェック!
サスアーム(ロア、アッパー)、それに見落としがちなのがドライブシャフト。

あとダンパーケース内のOリングが膨らんでダンパーの動きが渋いケース。
これはもうダンパーばらしてメンテでしょ。



と、何を今さらと思われそうだけど・・・



















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Hスペック通信blog, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。