HスペックカントクのRCを中心にした日記です。日々、ネタさえあれば記していきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノーマルのF104をスポンジ仕様で走らせてみた。タイヤはF1RCGPレギュのZEN。

ネクスターでのゴムタイヤに比べて、フロントのグリップが高いんで、オーバーステアになった。
そこで若干のセッティング変更をした。


P1040501(変換後)
104はどうしてもロールよりもピッチングが硬すぎるので、ダンパースプリングはテック製のかなりソフトなタイプ。リヤグリップ確保のため、柔らかめをチョイス。フリクショングリスも柔らかめ。ただ、Tバーはノーマルのままだ。
そしてリヤの車軸は1ミリ下げ。
まだタイヤ径が大きいため、かなりの指数になっているようで、走行後のモーターはかなりの発熱だった。ネクスター仕様のギヤ比3.5くらいでは過負荷なようなので、この辺は適正な指数を探らないとね。


P1040502(変換後)
フロントスプリングはタミヤゴールド。ハード(ブラック)の方が走りやすかったけど、ちょっとアンダーになるんだよなあ。
アッパーアーム下げは特に変更無く、いつもどおり。

細かい詰めはもう少し必要かもしれないが、このくらいの変更で特に問題なく、よく走ってくれた。
それにしてもフェラーリかっこいい!
(しつこい?・・・)

テーマ:ラジコン - ジャンル:趣味・実用




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Hスペック通信blog, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。