HスペックカントクのRCを中心にした日記です。日々、ネタさえあれば記していきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20100119015817
レース当日、コントロールタイヤで走り始めてみると、練習時のセッティング方向から大きくズレてる。今度は初期アンダーステアで、コーナー後半で巻き込む挙動を示すようになった。
レースぶっつけで毎回違うセットをする事になってしまったが、どのみちチグハグな動きは解消されず、レースするどころではなかった。

104に103の足回りを移植しただけのクルマでは、バランスが崩れてしまってるのではないかな。
また意外だったのが、軽いバッテリーでも横積みのクルマが良く走っていたことだ。先入観がジャマして、勘違いしていたのかもしれない。これはそのうち確かめてみたい。

さらにもうひとつ予想を裏切ったのが、ブラシレス勢との速さの違いだ。
これは圧倒的だった。今後はグランプリクラスでのブラシモーターはないだろう。



















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Hスペック通信blog, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。