HスペックカントクのRCを中心にした日記です。日々、ネタさえあれば記していきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の全日本ツーリングエキスパートでも最多の使用率だったらしいフタバのアンプ。
デフォルトのままでも高性能アンプであることは間違いないよね。でも、適切なセッティングをしてあげれば、よりマシンやモーターの性能を引き出す事ができる優れものだ。
850exmple.jpg
私が重視しているのは上2つの周波数と上から5つめのカレントリミッター。

周波数に関しては数字が小さいほどパンチ重視、大きいほど伸び重視というイメージだ。
そして大事なのがカレントリミッターでモーターが消費する最大電流値(余裕をみてプラス20~30)を設定しておけば、その範囲で周波数が可変してくれる。

ライトチューンクラスだと最大でも50Aくらいしか流れないのでこのくらいの数値にしてある。

写真は850のものだけど、最新の851や601なら「ブーストモード」があって結構効くんだよね。

フタバアンプユーザーはぜひお試しあれ!

テーマ:ラジコン - ジャンル:趣味・実用




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Hスペック通信blog, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。