HスペックカントクのRCを中心にした日記です。日々、ネタさえあれば記していきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネクスター第4月例は3つのクラスにエントリー。
昼の部はGT23ターンクラス、F-1クラス、夜の部でミニクラスだ。

まずはGT23クラス
マシンは416、バッテリーはLiFeをチョイス。
予選1回目はタミヤLiFeを使用してみる。NiMH5セルのコバと同等の速さで2位。
予選2回目、痛恨の充電忘れ!!!先のバッテリーのまま出走するが、2分ほどでタレて終了~。

しかしこの時に貴重なデータが取れた!なんとタレる寸前までベストラップに近いタイムが出ている。初期電圧が高く、段々パワーが落ちていくのが従来のバッテリーの常識だった。これがまったく当てはまらない驚きの結果だ。

結局予選は2位のまま。決勝はアトランティスのLiFeで出走。公称35Cの高出力タイプの新型バッテリー。やはりパワフルなのか、ベストラップはアップした。レースでも序盤コバのミスに乗じてトップに立つと、後半になるにつれ引き離していく展開となった。
これはLiFeを使う私のタイムがずっと一定なのに対して、NiMH5セルのコバが後半タイムが落ちてきたのが一目瞭然だった。

充電も早いし、今のところいい事だらけに思えるLiFe。充電器が対応できるタイプなら試してみてはいかが?

次にF-1クラス
タミグラ以外では初レースとなったF104を使用した。
タイヤはシミズのラバータイヤ。フロントにソフトをチョイスしたが、この日はこれが大失敗!この日のコンディションが悪かったのか、みんな大荒れのレースだった。
なのに慎重に走っていたら、みんなが後退していって、いつのまにかトップだった。
優勝してもまったくもって納得できない変なレースだった。ラバータイヤのセッティングをやり直しだな!
IMG_0298b.jpg
ついでに104にシミズのタイヤを組むときのちょっとした情報をひとつ。ネクコバが気付いたんだけど、タミヤの104用ホイール外側はエッジが立っている。ここにかぶせる様に貼付けるため、サイドウォールが切れやすくなっているかもしれない。そこでヤスリで軽く角を落として貼った方が良さようだ。

テーマ:ラジコン - ジャンル:趣味・実用




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Hスペック通信blog, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。