HスペックカントクのRCを中心にした日記です。日々、ネタさえあれば記していきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P1040080.jpg
ストリート用のニュータイヤととも、F104のシェイクダウンをおこなった。
まずはノーマルタイヤから。これは前後でグリップの差をかなり付けているようで、大アンダー!あらっぽくパワーをかけようが、ブレーキを掛けようが、リヤグリップを失う気配もない。

ただこれではあまりにも曲がらないので、オプションででているBタイヤを早速使ってみた。これだとノーマルとは違い、基本的にアンダー傾向ながら比較的曲がるようになる。
リヤタイヤだけを入れ替えたりしてみた。ネクスターの路面ではAとBの差があまりない。ということはAのフロントがかなりグリップを抑えた設定のようだ。
このAとBのタイヤは触った感じではBがかなりゴムっぽく(多分ブチル?)、Aがいかにもスポンジっぽい。

104のこの安定感は異常とも思えるものだ。とにかく巻かない!
103のようなナーバスさがまったくないので、逆につまらないぐらいだ。まあ、それだけ幅広い対応が出来るのかもしれない。

これがタミヤのタイヤの前後バランスに由来するものなのか、シャーシ側の性格なのかは今のところまだ分からない。今後他社のタイヤでテストできるようになれば、はっきりするだろう。
P1040079.jpg
フロントタイヤのナットは最後まで締め込むと、やや抵抗になるのでほんのわずか緩めに。

テーマ:ラジコン - ジャンル:趣味・実用




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Hスペック通信blog, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。