HスペックカントクのRCを中心にした日記です。日々、ネタさえあれば記していきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スプリングやリバウンド以外セッティングせずに走ってみたVer.2だが、このクルマが少し見えてきた気がする。
駆動系や脚周りなど旧型と同じクルマなので、そんなに激変するわけではない。ただマスの集中化による効果なのか(はっきりと断言はできないけど)、切り返しの軽快さやロールの少なさからくる(?)立ち上がりの良さが出ているように思える。また、インボードサス(要するにIFS)を前提に作られたと思われる前後バランスもあるかもしれない。(あくまでも旧型との比較でね)
さすが熟成の手段をとっただけのことはあるかもね。
でもドックボーンはいただけない。アップライト周辺のプラパーツが柔らかいこともあって、ちょっとした接触で脱落しやすい。ユニバーサルに早く換えたい。っていうか、早く標準装備にしようよ~
IMG_0194.jpg
センターシャフトの受けのプラパーツをアルミに交換。ネクスターに残っていたMS用のパーツだ。
それにしてもここモーターとのクリアランスがない。ヒートシンクが付けられない。まあ、6.0以上のレギュのために選んだギヤが悪かったのかも。

テーマ:ラジコン - ジャンル:趣味・実用




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Hスペック通信blog, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。