HスペックカントクのRCを中心にした日記です。日々、ネタさえあれば記していきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P1030139.jpg
引き続きTTのメンテである。ゴリゴリのデフをメンテして、駆動系を触っていて気付いた!
スパー部分のカバーを付けると駆動が重くなるではないか。TYPE-Eになってのこのカバーは取付ける時にちょっときついなあとは思っていた。でもそれは、精度が良くなってキッチリとなったためと思い、駆動の重さの事まで気がまわらなかった。モーターのガタツキが減って喜んでいたのに・・・。
内側を少し削ってみたりするが、あまり変わらない。うーん、もしやと思ってカバー取付け穴のところにシムを入れてみる。おっと少し軽くなったぞ。ただ、やりすぎるとベアリングが遊ぶのでこれはトラブルの元。今日のところはコンマ3ミリのシムにしておいた。
しないよりはマシなんだが、根本的な解決になっていない。またゆっくり原因を探すとしよう。

テーマ:ラジコン - ジャンル:趣味・実用




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Hスペック通信blog, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。